新聞折込広告中入れ機のデュプロホーム > 製品情報 > 新聞折込広告中入れ機 DI-3110GS
新聞折込広告中入機

広告を新聞に自動中入れ インサーター DI-3110GS

広告を新聞に自動中入れ インサーター DI-3110GS
業界を知り尽くした デュプロの紙技。 3,000部の中入れがわずか30分!
○経費削減                ○作業効率アップ       ○経営改善
○別冊増ページへの中入れ可能   ○夕刊への中入れ可能   ○稼動音低減
資料請求問合わせ
本紙への折込広告中入れ作業を一気に自動処理し、新聞販売店様の早朝作業を強力にサポートします。
バーコードシートリーダー SR-2 画像
新聞広告中入れ機 DI-3110GS  新聞販売店様の声から生まれた、画期的な折込広告中入れ機。
設置したその日から即戦力として活躍。早朝のゆとりを実感して下さい。
■手をわずらわせないシンプル操作
同一パネル上にすべてのボタンが配置されているので、あらゆる設定をスピーディーに行うことができます。操作もシンプルで簡単。誰でもすぐにあつかえます。
■早朝の作業時間を大幅短縮・稼動音も低減
最速1分あたり100セットの処理能力で早朝の作業がスピーディーに。3000部の中入れ作業がわずか30分で処理可能です。機械稼動音も3.1dB低減し、より早朝作業に適した仕様になりました。
■労務負担を軽減し、大切な稼動音を確保
折込広告の中入れ作業が2〜3人でできるので、ひとり1人の作業負担を軽減するとともにコストダウンにも役立ちます。
■コンパクト設計で、省スペース
DI-STG(スタッカー)およびDI-STE(イージースタッカー)はインサーターから簡単に分離することが可能。作業後はコンパクトに収納できます。
■便利で使いやすい新操作パネル
給紙トレイDI-3110GSでは同一パネル上にすべてのボタンを配置。地区別処理部数の入力など、すべての処理設定が同一パネル上で行えます。
■新聞・広告ともに大量積載可能で作業効率UP
積載した新聞は、最下紙から給紙するため、作業方法やあつかいやすさは従来機と変りません。広告給紙機構は縦積み方式へと進化し、広告積載量が400mmにアップしました。給紙できる折込広告の厚さは、最大10mm(ペラ換算で140枚に相当)。週末の厚いチラシにも対応できます。また、"追い積み"が可能な為、新聞・広告の残量を確認しながら、機械を停止することなく効率よく作業できます。※ペラ換算で100枚以上を給紙する際は、親紙を二つ折りにして下さい。
■分離ツメで確実給紙のエアーサクション方式
手差し挿入口新聞本紙と広告は、バキューム式吸着パッドと分離ヅメで給紙します。確実なサバキ作業を実現する分離ヅメは、突出量を個々に調節することが可能。広告などを1部ずつ吸着できる吸着パッドとの相乗効果で、新聞本紙や広告を傷つけることなく、正確で素早い給紙作業を実現してくれます。オプションの給紙ユニットを装着すれば、別刷新聞や薄ものの広告などの給紙・中入れ作業も可能です。給紙ユニットは、EP Collatorの再丁合給紙ユニットと互換性があります。
■3,000部の中入れ作業がわずか30分!
手差し挿入口新聞広告丁合機でセットされた広告は、新聞本紙へ最速で1分あたり100セットの中入れが可能。3000部の中入れ作業がわずか30分で完了できるので、早朝作業が格段にスピードアップします。機械稼動音が従来よりも3.1dB低減したこともあり、より早朝作業に適した仕様となったのも魅力のひとつです。
■地区別仕分けも楽々。作業し易い高さも魅力!
セットされた新聞が集積されるスタッカー(DI-STG)は、新聞セットの後端と側面をたたいてそろえるジョガー付き。収納された新聞はセット単位での排紙も可能で、セット後の地区別仕分けも簡単です。またセットされた新聞は腰の高さに集積されるため、ラクな姿勢で作業できるのも大きな魅力です。
新聞折込広告中入れ機 インサーター DI-3110GS 主な仕様
給紙方式 エアーサクション方式 (新聞給紙部:平積み方式、広告給紙部:縦積み方式、追い積み可能)
サバキ方式 分離ツメ方式
用紙形態 ジャケット:新聞(8〜48ページ)、又は四つ折り※1
インサート紙:EPコレータにより丁合された丁合セット(親紙はB4以上)、 四つ折※1 別刷新聞(8〜16ページ)ペラ換算 最小5枚〜140枚または最大密着暑さ10o※2 別冊新聞(8〜16ページ)に中入れする場合は、 ペラ換算70枚まで ※1 四つ折りはコシのある厚手のものとする。 ※2 ペラ換算100枚以上の場合、親紙は2つ折りとする。
給紙ユニット (オプション):別刷新聞(8〜16ページ) ※オプション棚の仕様に準ずる。 丁合物同士の合わせ丁合は不可。
処理速度

60〜100set/min、5段階可変 ※ 16ページ以下の新聞は、80set/minで使用可 ※ 110set/min は、仕様外となります。 条件により使用可能な場合があります。

用紙積載量 新聞給紙部:新聞本紙230o(40ページ新聞 45部相当) 別刷新聞100o(8ページ新聞 130部相当)
広告給紙部:広告400o(ペラ換算25枚+親紙 170部相当) ※ペラ換算5枚〜15枚の場合は積載量250o以下
給紙ユニット (オプション):800枚(上質紙四六判55kg 257o×364o) 丁合物(親紙を含め、2〜5枚)
用紙サイズ

新聞サイズ:273o×406.5o (調整可能範囲 幅405〜420o、長さ261〜298o)
広告給紙:幅357〜410o、長さ257〜280o ※新聞給紙から給紙される用紙との差が5mm以下の 場合は、広告が新聞の中に収まりません。
給紙ユニット:幅270〜410o、長さ150〜280o (オプション)

搬送方式 新聞給紙部:ローラ加圧方式(片駆動方式)
広告給紙部:ローラ加圧方式(両駆動方式)
開き部: 片駆動プッシャー方式、タイミングベルト駆動
予備搬送 排出部: 平ベルト加圧方式(両駆動方式)
給紙ユニット: ローラ加圧方式(両駆動方式) (オプション)
開き方式 ロータリーエアー方式、吸着ベルト方式
異常検知機能 モーター過負荷検知
インバータ異常検知
給紙ユニット通信異常検知
赤外線通信異常検知
センサ異常検知
MC基板異常検知
付加機能 地区別処理部数入力機能
処理速度選択機能
区分け部数選択機能
開き吸着パット位置調整機能
背面吸引力調整機能
強制排紙機能
復帰機能
処理部数予約入力機能
省エネモード
操作パネル 押しボタン式7セグメント表示器 トータルカウンタ4桁
仕様電源 AC200V 50/60Hz ※フロントサイド・スタッカーDI-STFはAC100V 50/60Hz
消費電流/電力 リフトアップスタッカーシステム :11.6A / 1790W
フロントサイド・スタッカーシステム:11.5A/1735W
機械寸法 リフトアップスタッカーシステム
収納時:2017mm(W)×1680mm(D)×1360mm(H)注1
使用時:2017mm(W)×2950mm(D)×1290mm(H)注2
フロントサイド・スタッカーシステム
収納時:2017mm(W)×1139mm(D)×1248mm(H)
使用時:2017mm(W)×2346mm(D)×1248mm(H)注2 
注1 スタッカー(580o)は(D)方向へ並べている。
注2 1mローラコンベア含む
機械質量 DI-3110GS単体:370.5kg
リフトアップスタッカーシステム:590.5kg ※
フロントサイド・スタッカーシステム:484.7kg ※
※1mローラーコンベア含む
稼動音 79.1dB(等価騒音レベル)
接続可能スタッカー DI-STG、DI-STF
○製品の仕様・外観は改良のため予告なく変更する場合があります。
Duplo
デュプロ株式会社
サイトマップ